5,500円(税込)以上のお買い物で送料無料!お問い合わせご利用ガイドFAQ

平日 9:00~19:00 土曜 9:00~16:00 日曜・祝日休み

imyのカラダレシピ

お酢レシピ! 「パプリカのピクルスとイカのマリネ」

夏バテなど疲労回復時にはエネルギーの補充が大切です。お酢の主成分である酢酸は、体に入るとクエン酸に変化し、ご飯や麺類など糖質をエネルギーに変換することを助けます。またクエン酸は疲労物質の乳酸を取り除く効果や新陳代謝促進、食欲増進効果もあるため、食欲減退&夏バテが気になるこの時期にお酢は最適な調味料です。


◎下準備

イカは皮をむいてワタを除く

◎作り方

  1.  パプリカのピクルスをつくる。パプリカは縦半分に切り、白いわたを除き、5mm幅に細切りにする。(パプリカが大きい場合は長さを半分に切る)。〔A〕を鍋に入れ、沸騰したら火を止める。鍋に切ったパプリカを入れて常温 になるまで冷まし、冷蔵庫に入れて1日保存。味をなじませる。
  2.  鍋にお湯を沸かして塩(分量外)とレモンを絞って入れ、下処理をしたイカを半生になるように30秒程ゆでる。そのまま常温になるまで冷ます。※イカはゆで過ぎると固くなるため、ゆで時間にご注意を!
  3. 冷ましたイカを一口大に切る。
  4. ピクルスは保存液から取り出し、余分な水分を切っておく。
  5. ボールに③と④を入れ、塩とエキストラバージンオイル、粒マスタードで和え、皿に盛りつける。彩りにパセリをかける。

◎材料(2人前)

イカ(生食用)200g
レモン1/8個
EXオリーブオイル25ml
粒マスタード10g
少々
<パプリカのピクルス>
パプリカ(赤、黄、橙)各1/3個
<A>
白ワインビネガー50ml
50ml
2g
てんさい糖2g
ローリエ1枚

たまごスイーツレシピ! 「ふわふわたまごケーキ」

現代では一年中たまごの品質は変わりませんが、もともとはたまごにも旬があり、春から初夏にかけての限られた時期にしか生まれない貴重なものでした。今でも有精卵の場合は、母体内で時間をかけ卵が成熟されるため春は栄養価が高くおいしいといわれます。
たまごのたんぱく質が良質といわれるのは、アミノ酸スコアが100だから。アミノ酸スコアはたんぱく質の栄養価を示す指標で、体内で合成できない9つの必須アミノ酸がバランス良く含まれていることを表します。体内で充分なたんぱく質を生成するにはすべての必須アミノ酸を満たすことが大切ですから、スコアが100に近いほど質が良いとされるのです。


◎下準備

パウンド型など焼き型にクッキングシートを敷いておく。

◎作り方

  1.  卵を白身と黄身にわけます。白身は大きめのボウルに入れる。
  2.  白身が軽くツノが立つまで泡立て、てんさい糖を加えたら、さらにしっかりツノが立つまで泡立てる。(目安はボウルを逆さにしても落ちないくらい)
  3. ②に米粉を加えて、しっかり泡立てる。
  4. 黄身を溶きほぐし、③と混ぜあわせる。泡をつぶさないように、ゴムベラに持ち替えてさっくりと混ぜる。
  5. 焼き型に生地を流し入れ、180度のオーブンで15分焼く。(加熱後は10分程そのままに。生地が安定します)

◎材料(パウンド型1個分)

たまご2個
てんさい糖大さじ1
米粉大さじ1

コラーゲンレシピ! 「レモン風味のコラーゲン入りプリン」

肌だけでなく骨や血管など、人間のからだのあらゆるところで活躍する重要なタンパク質であるコラーゲン。不足させないためには、日々バランスの良い食事を心がけたり、imyの「レディースコラーゲン100」などで補給することが大切です。でも、ある成分が足りないと、せっかく摂ったコラーゲンがムダになってしまうかもしれません。
ある成分とは、美肌には欠かせないビタミンC。食べものから摂ったコラーゲンを消化・分解し、再合成する際にビタミンCが必要になります。効果的にコラーゲンを働かせるためにも、ビタミンCが豊富なフルーツや野菜をぜひプラスしてみてください。


◎作り方

  1. ゼラチンを分量の水につけてふやかす。
  2. ボウルに卵を割り、卵白を切るようにしっかり泡だて、牛乳と混ぜ合わせて濾す。
  3. ②を絶えず混ぜながら、1滴ずつゆっくりとレモン汁を加える。
  4. ③にバターときび砂糖を加え、ボウルごと湯煎にかける。卵がかたまらないよう絶えず混ぜながら5分程温める。
  5. 湯煎から上げて、①のゼラチンとレディースコラーゲン、レモンの皮を入れ溶かし混ぜる。
  6. 粗熱が取れたら器に移し、冷蔵庫で3時間ほど冷やし固める。

◎材料(2人分)

レディースコラーゲン1001本
レモン汁大さじ3
牛乳150ml
2個
きび糖大さじ3
バター15g
ゼラチン2g
50ml
レモンの皮すりおろし適量

亜鉛のパワーで冬美肌! 「牡蠣のアヒージョ」

美肌には「亜鉛」。といってもあまりピンとこないかもしれませんが、実は亜鉛は皮膚の新陳代謝には欠かせない成分。皮膚に潤いを与えるコラーゲンの合成にも必要になります。そのため亜鉛が不足すると皮膚が乾燥しやすく、外部からの刺激にも弱くなってしまいます。また亜鉛不足の悪影響はお肌だけに止まりません。「免疫力低下」「脱毛」「傷が治りにくい」「貧血」「味覚障害」など様々な症状が出てくる可能性も。亜鉛は肉類に多く含まれるので、ベジタリアンの人や女性が亜鉛不足になりやすいのだそう。冬が旬の真牡蠣は、亜鉛の含有量が多い食品です。冬にむけておいしくなる牡蠣を食べて美肌と健康を目指しましょう!

◎下準備

●牡蠣をよく水洗いする。

●ニンニクを包丁の背でつぶしてからみじん切りにする。

●鷹の爪の種を取る。ブラウンマッシュルームは半分に、舞茸は一口大にする。

◎作り方

  1. スキレットにオリーブ油を入れ、ニンニク、赤唐辛子を入れ、中火にかけ香りを出す。
  2. ニンニクの色が変わってきたら、弱火に調節して、ハーブソルトを振る。ブラウンマッシュルーム、舞茸を加える。
  3. ブラウンマッシュルーム、舞茸に火が通ったら、牡蠣を加え、5分ほど煮る。牡蠣に火が通ったら、パセリの葉をちぎって散らす。バゲットを添える。

◎材料(2人分)

牡蠣(生食用)1パック
ブラウンマッシュルーム4個
舞茸1/2パック
ニンニク1片
赤唐辛子1本
パセリ適量
オリーブ油100ml
ハーブソルト少々
バゲット適量

猛暑におすすめ! 「鯖缶の冷や汁」

サバ缶人気の理由は、火を通さなくても食べられる手軽さに加えて良質なたんぱく質が豊富で青魚の中でもトップクラスの栄養価を誇ること。なかでも血液循環を良くする効果や脳の機能を活性化する効果、中性脂肪値を下げる作用があるEPAとDHAを多く含んでいるのが特長です。またサバには、ビタミンB2も豊富なため、紫外線の多い夏に気になるシミ・そばかすなどの防止にも役立つといわれています。記憶力や生活習慣病が気になる方から、ダイエットしたい方、体の内側からキレイを目指す方にも役立つサバ缶。人気が出るのも納得のパワーです。

◎作り方

  1. きゅうりは薄い輪切り、なすは薄く半月形に切ってボウルに入れ塩少々をふって軽くもむ。約5分おいて水けを絞る。みょうがはせん切り、しそは粗くちぎる。
  2. さばは缶汁をきって粗くほぐし、①とともにボウルに入れてさっと混ぜる。
  3. 別のボウルにみそ、すりごま、白だし、生姜を入れ、みそを溶きのばす。冷水を加えて混ぜる。
  4. どんぶりにご飯を盛り、②をのせ、③をかけて完成。

◎材料(2人分)

さば水煮缶1缶(約200g)
キュウリ1本
みょうが1個
ナス1本
青じそ4枚
温かいご飯どんぶり2杯分
白だし大さじ1
白すりゴマ大さじ1
みそ大さじ1
生姜チューブで2cm程
冷水2カップ